arigatom’s diary

お気に入り映画など紹介。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」 あらすじ 感想 まとめ

ドラマ『ミステリと言う勿れ』

主人公:久能 整(菅田将暉

日常の中で事件に巻き込まれつつ

洞察力・知識で謎を解決へと導いていくストーリー。

 

ドラマ『ミステリと言う勿れ』は

田村由美によるミステリー漫画をドラマ化した作品。

※2021年には、第67回小学館漫画賞 一般向け部門を受賞

田村由美代表作品…『BASARA』『7SEEDS

 

 

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の「あらすじドラマ感想」を紹介します!!

 

ドラマ「ミステリと言う勿れ」のあらすじ

ある日のこと。

大学生である久能整(菅田将暉)は、朝から自宅のアパートでカレーを作っていた。

すると突然、大家が整の部屋へ「大隣警察署」の刑事2人を連れて訪ねてきた。

 

刑事は薮鑑造(遠藤憲一)と、池本優人(尾上松也)だった。

刑事が来た理由は、「昨夜10時、どこで何をしていたか」というアリバイを

整から聞き出す事だった。

整は「1人でカレーを作っていました。」と答える。

薮は付近の公園で、寒河江健(藤枝喜輝)の遺体が発見されたことを伝え

整のアリバイを証明する人がいない事から、警察署への任意同行を求めた。

 

整は警察署へ向かい、薮と青砥成昭(筒井道隆)の聴取を受けることになる。

 

殺害された寒河江は整と同じ「高校の出身」「同じ大学に通っている」

寒河江が殺害された時刻に、整と争っているのを見た」という

目撃情報もあった事から、整は容疑者となっていたのだ。

 

しかし整は、「目撃情報もはっきりと自分だと言えるのか?」と

理屈を並べて返していき、警察の矛盾点を突き無実を訴える。

そんなことを警察とやり取りしていると、いつの間にか夜になっていた。

整は「とりあえず帰ってもいい」と言われるが、

「明日の取調べに応じる」という条件付きだったので

不満を感じていた。

 

整は帰宅する前に

刑事の風呂光聖子(伊藤沙莉)に預けていた「携帯電話」を受け取りに行くと

彼女の可愛がっていたペットが亡くなり、「ペットロス」に陥っている事を知る。

 

更に池本の妻が出産間近という話も聞こえてきた。

 

翌日、整が警察署に行くと、風呂光と池本が取調室にいた。

風呂光に「ペットが亡くなったんですか?」と聞き、言葉で慰める。

池本にも、出産を迎える妻への労りをアドバイスした。

しかし薮は、そんな整が犯人に違いないと青砥に告げるが…。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」のドラマ情報:キャスト

ミステリと言う勿れ』/2022年1月10日~3月28日放送。

※フジテレビ系「月9」枠。

 

【キャスト】

・久能整(菅田将暉:柊木陽太)

 19歳の大学2年生。魚座

 天然パーマの髪と仏頂面が特徴的な青年。

 土日にはよくカレーを作る。

 趣味は絵画鑑賞(※印象派を好みグッズを集めている。)

 大学では教育学部

 将来は教師志望。

 

〇大隣警察署

・風呂光聖子(伊藤沙莉

池本優人(尾上松也

青砥成昭(筒井道隆

佐橋謙介(三島ゆたか)

入江(古河耕史)

 

犬堂家

犬堂我路(永山瑛太

犬堂甲矢(久保田悠来

犬堂乙矢(阿部亮平

犬堂愛珠(白石麻衣

 

〇整の関係者

・ライカ門脇麦:大貝瑠美華)

・天達春生(鈴木浩介

・美吉喜和(水川あさみ

【スタッフ】

【原作】田村由美 『ミステリと言う勿れ』(小学館月刊フラワーズ」連載中)

【脚本】相沢友子

【演出】松山博昭、品田俊介、相沢秀幸、阿部博行

【音楽】Ken Arai

【主題歌】King Gnu「カメレオン」(アリオラジャパン

【プロデューサー】草ヶ谷大輔、熊谷理恵(大映テレビ

 

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の感想

①主人公:久能整のキャラクターが最高!

漫画で「ミステリと言う勿れ」を少し読んだことがあるのですが

続きが気になってしょうがなくなる程面白いです。

漫画でも一番個性的で魅力的なのは、やっぱり「主人公:久能整」です。

 

個性的で見た目は線が細く見えますが、中身は強い気がして

凄く味があるキャラクターでした。

 

ドラマと漫画を比べると、相違点もチラホラあります。

外見は、漫画の方が細くて弱々しく見えますが

ドラマの菅田さんは、声が通り体力がありそうな感じ笑。

少し見た目は違いますが

菅田将暉が演じる整さんも凄く魅力的で引き込まれました!

 

漫画でもドラマでも

整さんのウンチクも毎回楽しみでした。

「なるほどなぁ。」

と妙に、整さんの力説にいつも納得してしまいます。

 

例をあげるとすれば

⑴「よくドラマでは、真実は一つといわれますが、真実は人の数だけあるんですよ。」

 「でも事実は一つです」

 …ちょっと99.9を想いだしてしまいますね笑

 確かに、何かを見て感じる事は人それぞれですもんね。

 同じとは限らない。

 

⑵「人を殺したらいけないってことはないですよ。」

 「別に法律で決まっていることでもないですし。」

 「罰金はありますけど、人を殺しちゃいけないっていう法律はないです。」

 これは、バスジャック犯人の「どうして人を殺したらいけないんだ?」という問いに

 答えた整さんの言葉です。

 

 大麻安楽死は、外国では合法だったるするし

 逆に死刑は外国で禁じられている国もあります。

 戦時中は、殺人=正義とされている事もあり

 時代ごとに正義と悪は変化していくもので「絶対」と言うものはない。

 と語る整。

 故に法律は必ず正義とは限らない。

 

 すごく考えさせられる言葉です。

 

 その事もあって、整さんが事件のヒントを出してくれるのではないかと

 刑事たちは期待して毎回頼ってきます。

 きっと私も、刑事と同じように整さんを頼りにするだろうと思う。

 

 

②原作とドラマの違い。

まず、一番の違いと言えば

・風呂光聖子です。

⑴漫画とは違い、出番が大幅に増え、ヒロイン的扱いになっている。

 ※漫画では整さんと殆ど接している場面はない。

⑵原作での池本のセリフ、役割のほどんどが風呂光に付け替えられている。

⑶原作にない風呂光の登場シーンは全てドラマオリジナル。

⑷原作とキャラが真逆。

※原作→前向きで仕事ができる。

 ドラマ→自信がなさそうで、周りから叱咤されている場面が多い。

⑸ドラマでは整に恋愛感情を抱き、レイカに嫉妬している場面も現れる。

 

と沢山ありますね。

原作を読んでいる方は、あれ?と思ったのではないでしょうか?

確かに毎回出番があり、ヒロイン的存在になってましたね。

 

その他には

・犬堂我路(永山瑛太

⑴原作→大学院生と名乗る

 ドラマ→大学の研究室と名乗る

⑵原作→愛珠の弟

 ドラマ→兄。

 

・大隣警察署の青砥成昭(筒井道隆

⑴原作→階巡査部長

 ドラマ→警部

 ・ライカ門脇麦:大貝瑠美華)

⑴原作→整と行動を共にしている

 ドラマ→消滅

 

イカさんは消えて欲しくなかったなぁ…。

 

③我路君とレイカさん。

バスジャック事件で、整さんが遭遇した我路君ですが

なんと演じたのは永山瑛太さん!!

ビジュアルが金髪だったので、最初は瑛太さんだとは気が付かず観ていました笑。

気が付いたのは、他の番組で瑛太さんが番宣で出演していて

「誰の役ででるんだろう?」と思っていたら

まさかの「我路君」だったので驚いた自分がいました。

その時はバスジャック事件は解決していました笑。

 

そしてライカさんを演じたのは、門脇麦さん!

どんな役でもこなす女優さんですね!

最近ではネットフリックスでの「浅草キッド(2021:大泉洋柳楽優弥)」で

たけしと同じ劇場で働いているストリッパー役:千春を演じていました。

この時のストリッパー役も凄く様になっていました。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の感想 まとめ

面白かったです!

毎回続きが気になる展開でワクワクしていました。

そして、途中からこのドラマを見だした子供もハマってしまい

「続きが映画化だったら見に行きたい」と言ってました。

 

…そうなんです、最終回まで見ましたが

続きがあるような感じで終わってしまったのです。

整さんの謎もそのまま回収されずに終わってしまったので

少しモヤモヤ。

また続きをドラマ化して欲しいと願わずにはいられません!