arigatom’s diary

お気に入り映画など紹介。

ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』あらすじ 感想 まとめ

ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』

主人公:パク・セロイ(パク・ソジュン)が繰り広げる復讐劇!!

 

ドラマ『梨泰院クラス』は、2020年1月31日~3月21日に放送された作品。

主演はパク・ソジュン。

 

ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』の「あらすじドラマ感想」を紹介します!!

 

 

ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』のあらすじ

パク・セロイ(パク・ソジュン)の父親であるパク・ソンヨル(ソン・ヒョンジュ)は

国内最大外食企業である「長家(チャンガ)グループ」に勤めていた。

 

その父親が田舎の広津(クァンジン)に転勤する為に、高校3年生のパク・セロイも転校することになった。

 

セロイ転校初日のこと。

長家グループの御曹司チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)が

イ・ホジン(イ・ダウィット)に暴力を振るっていた。

しかし、クラスの生徒、先生までもが逆らう事ができない。

その場面を見てた正義感の強いセロイは、グンウォンの暴行や暴言に我慢できず

一発殴ってしまう。

 

その後、グンウォンの父親であり、長家グループの創設者である

会長の:チャン・デヒ(ユ・ジェミョン)がセロイの前に現れる。

デヒはセロイに「土下座をすればこの事は水に流してやる」というが、

セロイは断固拒否する。

 

その後、この事件でセロイは退学になり

父親は20年間勤めていた会社を辞める羽目になる。

 

しかし、父はセロイのしたことは間違ってないと言う。

セロイと父は自分たちのこれからを話し合い、「居酒屋」を一緒に経営しようと決めた矢先だった。

 

父はグンウォンの運転していた車に轢かれてしまう。

グンウォンが起こした交通事故で父を亡くしたセロイ。

グンウォンが父を轢いた犯人だと分かり

グンウォンの入院先を見つけ出し、暴力を振るうが警察に捕まり刑務所行きとなる。

長家グループを倒すと心に決めたセロイは、7年後、梨泰院で「タンバム」という小さな居酒屋を開き、仲間たちと共に再起を目指す。

 

ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』のドラマ情報:キャスト

『 梨泰院(イテウォン)クラス』/2020年1月31日~3月21日迄放送。

・韓国のケーブルテレビ局JTBCにて放送された。

その後、Netflixにて、Netflixオリジナル作品として日本を含む世界に配信されている

【スタッフ】

【原作】クァンジン:朝鮮語版のウェブ漫画『梨泰院クラス』

【演出】キム・ソンユン(朝鮮語版)

【オープニング】ウソン(英語版)「You Make Me Back」

【エンディング】ガホ(朝鮮語版)「Start Over (시작)」

【製作・プロデュース】

イ・サンユン、チョン・スジン、ハン・ソクウォン、ハン・ぺッポン

【キャスト】

パク・セロイ(朴世路): パク・ソジュン

 本作の主人公。イガグリ頭。

 居酒屋『タンバム』(甘い夜)の創業者。社長。

 後に株式会社ic代表取締役に就任。

 

チョ・イソ(趙以瑞):キム・ダミ

 フォロワー70万人を超える人気ブロガー。

 傍若無人なソシオパス。

 IQ162。

 大学進学をやめ、タンバムで働く。

 タンバムのマネージャー、後に株式会社ic専務理事に就任する。

 

チャン・デヒ(張大熙): ユ・ジェミョン

 セロイの宿敵。

 長家(チャンガ)グループの創設者。会長。

 グンウォンとグンスの父。

 

オ・スア(呉秀娥):クォン・ナラ 

 セロイと広津高校の同級生。

 セロイの初恋の相手。

 幼少期に親に捨てられ

 長家グループが支援する「児童養護施設・ケナリ園」で育つ。

 長家グループ企画チーム長。

 

チャン・グンウォン(張根原):アン・ボヒョン

 デヒの息子(長男)。

 グンスの異母兄。

 セロイと広津高校の同級生。

 校内暴力、ひき逃げ事故の加害者。

 長家グループ常務取締役。

 

チャン・グンス(張根秀):キム・ドンヒ

 デヒの息子(次男)。

 グンウォンの異母弟。

 イソの同級生。

 イソが好き。

 タンバムのスタッフ。

 

パク・ソンヨル(朴成悦):ソン・ヒョンジュ

 セロイの父。

 長家グループの元部長。

 

カン・ミョンジョン:キム・ヘウン

 長家グループのマネージングディレクター(専務)で大株主。

 

チェ・スングォン(崔昇権):リュ・ギョンス

 タンバムのホールスタッフ。

 ギャング出身でセロイの刑務所の同期。

 株式会社ic本部長。

 

マ・ヒョニ(馬賢伊):イ・ジュヨン

 タンバムのシェフ。

 トランスジェンダー

 株式会社icの従業員。

 

・イ・ホジン(李虎進):イ・ダウィット

 セロイが転校した広津高校の学生。

 グンウォンによる暴力の被害者。

 ファンドマネージャー

 セロイの共同経営者。

 

ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』の感想

①セロイのイガグリ頭

最初に見て驚いたのが

主人公:パク・セロイの髪形。

何故なら、カレを演じるのは

「彼女はキレイだった(2015年)」や

「キム秘書はいったい、なぜ?(2018年)」等で

主演を演じたイケメンのパク・ソジュンさん。

 

 

その彼がまさかの「イガグリ頭」。

「キム秘書」では御曹司だったのに、今回は一変して金持ちに復讐する主人公。

そしてイガグリ頭が…笑。

 

でもこんなヘアスタイルでも、セロイはカッコイイ!!

なんなら、セロイはこのイガグリ頭でなければセロイではない!と思うほど。

 

日本の芸能人も、セロイの影響を受けて「イガグリ頭」を真似る人が続出したらしいですよ。

 

自分も最近地元で

休憩している韓国人らしきファミリーの父親が「パク・セロイ」の髪形になっていたので衝撃でした。

韓国でも、イガグリ頭は流行っているらしい笑。

 

②セロイという人物

このドラマでは、1話からセロイに感情移入しっぱなしです。

やっぱり正義感や強い意思がカッコイイ。

どんな悪でも屈しないというか…。

本当にいたらいいなと思うけど、危なっかしくて見ていられない笑。

 

まず、やっぱり1話と言えば

グンウォンを殴った件ですね。

殴れば長家にどんな目にあわされるか分からないのにも関わらず屈しない。

「土下座をすれば許してやる」

と言われますが

「自分が間違っていない」と言います。

「正しいのに謝ることはできない。それが僕の信念であり、父の教えだ。」と。

 

そして、次にセロイの父のセリフもまたカッコいい。

「私は息子がカッコイイと思う。」

「…なのでこれ以上は、いう事がありません」「自慢の息子です」と会長に言い残し

会社を辞めることを決断してしまうわけですが。

 

親子そろってカッコいいのですが、それゆえにグンウォンもデヒも許せない気持ちがふつふつと湧きます。

感情移入がとんでもないです笑。

 

③恋愛は五角関係?

会社の成長や復讐劇を描いてるドラマですがその他にも

恋愛があります。

 

パク・セロイは高校時代にスアの事を好きになります。

しかし、刑務所に入ってしまい数年間あっていませんでした。

 

その間にスアは長家に入社していた。

それは、デヒからの脅迫じみた引き抜きで入社。

 

しかし、セロイは「いくらお前は変わっても、俺の気持ちは変わらない」と。

心が広すぎるセロイ。

 

しかし、そんなセロイを見ながらも好きになっていくイソ。

年が離れていても、私はイソとくっついてほしいな。とずっと思っていたので良かったです。

 

そんなイソが好きなグンスはとってもいい子だったのに

途中で欲望に負けてゲスな事をしてしまったので失望してしまいました。

 

そしてスアの事を高校からずっと好きなグンウォン。

自分がスアだったら絶対無しだな…。と思うほど嫌な奴。

しかし、最後には、悲しい男だったので可哀そうだった。

 

ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』の感想 まとめ

最高でした!

 

「会社経営」「恋愛」「復讐劇」をバランスよく作り上げていてとても面白かった。

 

会社経営に関しては

イソやメンバー達と協力して

どう成り上がっていくか。

インテリア、繁栄している店をリサーチする。

 

その他、長家の社員・会長との駆け引き、

株の話も日本とは違い詳しい内容がストーリーに盛り込まれていて

本当に興味深いドラマだったと思います。

 

そして、日本では、このドラマをリメイクするとかしないとか…。

「六本木クラス」というドラマ名だそうで、放送は7月予定だそう。

 

竹内涼真さんが主演でセロイ役。

テセウスの船(2020年:竹内涼真)」の彼ならまぁ、大丈夫かもしれないですね。

このドラマも感動しました。

でも、日本での脚本となるとどうなるのか気になりますね。

www.tv-asahi.co.jp