arigatom’s diary

お気に入り映画など紹介。

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』 あらすじ 感想 まとめ

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり

◎『まんがタウン』(双葉社発行)に連載されている西岸良平の漫画『鎌倉ものがたり』を映画化した作品。

〇主演は堺雅人

 

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」の【あらすじ&映画感想】を紹介します!!

 

 

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」のあらすじ

幽霊や妖怪などの「人ならざるもの」と人間が共に暮らす街=鎌倉。

そこに住んでいる、ミステリー作家・一色正和(堺雅人のもとに、妻・亜紀子(高畑充希)が嫁いできます。

二人が新婚旅行を後にし、自宅へ到着する。

亜希子は不安げに「都会と違い、独特の雰囲気を持っている」と正和に伝える。

そんな亜希子に

「鎌倉と東京では時間の流れ方が違うから。」

「でもすぐに慣れる。」と言います。

その翌日。

作家と、その夫を支える妻としての生活が始まりました。

正和の生活は、原稿の締め切りに追われる毎日で、この日も編集担当の本田(堤真一が家に上がり込み、原稿の上がりを待ちわびていました。

無事に正和は本田に原稿を渡し終えると、亜紀子は本田を家の外まで見送った。

その時に、河童が亜紀子の前を横切る。

驚く亜紀子に、正和が「ここは鎌倉だから。」と当たり前の様に言う。

「ここは昔から沢山の妖気が充満していて、魑魅魍魎と人間が共存している場所でもある」とあっさり亜紀子に伝える。

 

www.youtube.com

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」の映画情報:キャスト

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」/2017年12月9日(日本)、2018年5月9日(香港)

2018年9月14日(中国)公開。

《キャスト》

・一色正和(堺雅人

・一色亜紀子(高畑充希

・本田(堤真一

・魔物本田(水無月サリー、山本勧、村上和成

・死神(安藤サクラ

・貧乏神(田中泯

・キン(中村玉緒

・本田里子(市川実日子

・本田浩子(粟野咲莉)

・ヒロシ(ムロツヨシ

・稲荷刑事(要潤

・川原刑事(大倉孝二

・恐山刑事(神戸浩

・大仏署長(國村隼

・天頭鬼(古田新太櫻井章喜

・一色絵美子(鶴田真由

・小料理屋「静」女将(薬師丸ひろ子

・瀬戸優子(吉行和子

・優子の旦那(橋爪功

・甲滝五四朗:一色宏太郎(三浦友和

・金満麗子(瀬戸たかの

・金満和夫(木下ほうか)

・恵子(池谷のぶえ

・恵子の息子(小山春朋)

・偽亜紀子の亭主(中村靖日

・偽亜紀子の子供(後藤由依良)

《スタッフ》

《原作》西岸良平鎌倉ものがたり』(双葉社月刊まんがタウン」連載)

《監督・脚本・VFX山崎貴

《音楽》佐藤直紀

《主題歌》宇多田ヒカル「あなた」(エピックレコードジャパン

《製作》今村司、市川南、加太孝明、船越雅史、戸塚源久、谷和男、永井聖士、弓矢政法、中西一雄、堀義貴、島村達雄、牧田英之、安部順一、三宅容介、阿部秀司

《エグゼクティブプロデューサー》阿部秀司

《Coエグゼクティブプロデューサー》伊藤響

《プロデューサー》飯沼伸之、守屋圭一郎

《アソシエイトプロデューサー》櫛山慶、鈴木健

《編集》宮島竜治

《D・Iプロデューサー》齋藤精二

《助監督》安達耕平

《ラインプロデューサー》阿部豪

 

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」の感想

①妖怪などの魑魅魍魎が住む街が現実とかけ離れていて面白い。

この映画が始まると、人間と妖怪が当たり前のように混在しています。

正和が「鎌倉だから」という理由で納得してしまう亜紀子。

詳しくはわからないが、こういうところなんだから仕方ない。みたいな。

でもでも、こんな雰囲気は私は好きです。

普通の人間だと思ったら、「この人もかぃっ!」とツッコミたくなります。

きっと皆普通に見えて普通じゃないんだろうなと思った方がいい。

あるものを飲んでしまって、黄泉の国へ行ってしまった亜紀子。

そこで出会う死神が、ぜんぜん怖く無くてフレンドリー。

さらに思いやりが人一倍あるという。

まるで介護士のようだった笑。

こんな死神ならいいなと思う。

そこから列車で、黄泉の国へ出発するんだけれど、現実とファンタジーが程よく組み込まれている。

銀河鉄道の夜」や、「千と千尋の神隠し」を思い出す。

その後のボス戦では、何故か西遊記を彷彿させるような敵だった。

ごちゃまぜのようだが、上手に世界観を作り上げていると思った。

ストーリーでは伏線もあり、なかな面白かった。

 

千と千尋の神隠しに似ている場面

実は、この映画の山崎貴監督が、宮崎駿監督を心からリスペクトしているらしいです。

なるほど、それでか。

そう思ったのが

鎌倉の魔物が集まる市場=「夜市」

千と千尋の神隠し」の最初に千尋が迷い込んだ市場に凄く似てると思った。

夜市を歩いている亜紀子に、マツタケを売っている妖怪が「おいで、おいで」しているシーンとかも。

さらに、亜紀子を黄泉の国から取り戻す際に乗った「電車」からは海が見える。

千と千尋…」の千尋が銭婆の元へ向かう時に乗った「電車」も海を走っていた。

その間は、黄泉の国を連想させる場面も出ている。

そう思うと、主人公夫婦がハクと千尋に見えてくる。

千と千尋もこんなハッピーエンドだったら良かったのにな。

 

③意外な伏線が面白かった。

この映画は、のほほんと見るような映画かと思ったら、後半で意外な伏線があり驚かされます。

正和の父親の話」・「貧乏神の話」・「亜紀子が狙われたのは理由があった」…など、色々ありますので、後半は目が離せませんでした。

一番好きだったのは、亜紀子が皆から嫌われる貧乏神に優しくした話。

亜紀子は、貧乏神が立ち去る時にお礼にお茶碗を貰った。

実はこのお陰で、ラスボスの天頭鬼の手から逃れる事が出来たという。

さらにエンドロールでは、平安時代からずっと正和と亜紀子が夫婦で、天頭鬼と戦っていたと思わせる伏線が凄い。

 

③お世話係のキン

一色家で長い間、家政婦をしているキン。

キンは幽霊も見えて「魔界マツタケ」の事を熟知しており、「幽体を肉体に、戻す方法」を知っていた。

最初は「絶対妖怪だな」と思っていたのですが、どうやら人間らしい。

自称82歳だけれど、「日清戦争で夫を亡くしている」という話から、140歳は超えている。

「あたしゃまだツヤツヤの130代だよ!!」というワンピースのチョッパーの師:Dr.くれはを思い出したが、さらに上ですね。

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」の感想まとめ

最初は、そこまで期待していなかったのだけれど、かなり面白かったです。

その中で、本田さんのエピソードが凄く可哀そうでやるせなかった。

子供と一緒に見ても楽しめそうな映画だと思います。