arigatom’s diary

お気に入り映画など紹介。

映画『ちはやふる -結び-』 あらすじ 感想 まとめ

映画「ちはやふる -結び-」

映画「ちはやふる -結び-」は、末次由紀による『BE・LOVE』(講談社)で2008年2号から連載中の「競技かるた」を題材とした漫画を映画化した作品。

◎主演は広瀬すず

◎前作の「上の句」「下の句」の続編であり、完結編。

 

arigatom.hatenablog.com

arigatom.hatenablog.com

映画「ちはやふる -結び-」の【あらすじ&映画感想】を紹介します!!

 

映画「ちはやふる -結び-」のあらすじ

瑞沢高校に通っている、綾瀬千早(広瀬すず幼馴染の真島太一(野村周平は、かるた部を立ち上げ、「全国公庫等学校選手権大会団体戦」の優勝を目指す。

千早がもう一人の幼馴染・綿谷新(新田真剣佑に告白される。

返事はしないままでいた。

千早達は現在高校3年生で進学を考える時期になり、高校で大会に出場できるのは今年の夏で終わりとなった。

新しい部員は、筑波秋博(佐野優斗)と、花野菫(潘めぐみの2名のみ。

それでも、今年の全国大会目指して頑張っていた。

ある日、太一は千早が新に告白されたことを、部員の花野から聞く。

太一は親に「受験勉強の為、かるたを辞めて欲しい」と言われており、新が千早に告白したこともあり、突然太一が部活から抜けてしまった。

部員達は動揺するも大会の為、練習を続ける。

一方、太一は自分の師匠が負けた対戦相手・周防久志(賀来賢人)に教えを乞う。

www.youtube.com

 

映画「ちはやふる -結び-」の映画情報:キャスト

映画「ちはやふる -結び-」2016年3月19日公開。

《キャスト》

・綾瀬千早(広瀬すず

・真島太一(野村周平

・綿谷新(新田真剣佑

大江奏(上白石萌音

・西田優征(矢本悠馬

・駒野勉(森永悠希

・須藤暁人(清水尋也

・木梨浩(坂口涼太郎

・若宮詩暢(松岡茉優

・宮内妙子(松田美由紀

・原田秀雄(國村隼

・綿谷始(津嘉山正種

・花野菫(優希美青

・我妻伊織(清原果耶

・筑波秋博(佐野勇斗(M!LK))

・周防久志(賀来賢人

・伊勢大二郎(志賀廣太郎

天野ひろゆき

 

《スタッフ》

《原作》末次由紀ちはやふる』(講談社BE・LOVE」連載)

《監督・脚本》小泉徳宏

《音楽》横山克

《主題歌》Perfume「無限未来」(UNIVERSAL MUSIC

《製作》今村司、市川南、加太孝明、古川公平、谷和男、永井聖士、弓矢政法、出來由紀子

髙橋誠、荒波修

《企画・プロデュース》北島直明

《プロデューサー》巣立恭平

《撮影》柳田裕男

 

映画「ちはやふる -結び-」の感想

①後輩部員が2人増員

千早達は現在3年生になり、来年で卒業。

後を引き継ぐかるた部員がおらず、なんとか新入部員を入れなければと焦っていた。

かるた部は、部活動の体験で大人数の見学者が来ていたので、ホッとしていた。

しかし、千早に対戦を希望した筑波が意外に強く、本気が出てしまった千早に、見学者は皆引いてしまう。

そのことから入部したのは、筑波と、太一に一目ぼれした花野だけ。

その筑波はプライドが高く、部員達と衝突する事もしばしばあった。

個人戦のかるたは強いが、団体戦が初めてだったらしく、敗退してしまう。

団体戦に馴染めなかったが、試合をしているうちに仲間意識が高くなり、彼も彼なりに頑張っていたと思う。

もう一人の新入部員:花野は、かるた初心者

太一に一目ぼれし、見学中に「二人は付き合ってるんですか?」と千早と太一にと聞くが、奏に止められる。

その他にも、「新さんが千早さんに告白した事、部員の中で噂になってるようですよ」と太一に教えたのも彼女。

邪魔をするタイプが出てきたな。

と思っていたが、太一がかるた部を去った後に「二人がくっつけば、上手くいくと思ってしまったんです」と後悔している事を奏に告白している。

案外、いい子だった。

その時はちょっと可愛くみえた。

初心者なので、大会では応援だけの予定だったが、出場させられることになり、慌てはためいていた。

それは次の年に、筑波と花野が下級生を引っ張って行く為。

「たとえ勝負が不利になっても、大会の経験をさせておこう」という思いからで、本当に皆いい人達だと思った。

 

②今回のクイーン

今回もクイーンこと「しのぶちゃん」は、いいキャラしてました。

相変わらず美人でクール、キツイ京都弁。

そんな彼女が、個性的なキャラクター「スノー丸」が大好きで、イベントに駆けつける程。

この時も、スノー丸のイベントに行くシーンがあるが、大雨で中止。

仕方なく、大会の解説者になります。

この解説も詩暢節が効いてて、「こいつアホやろ」とかズケズケ言ってた。

笑ってしまった。さすがクイーン笑。

 

映画「ちはやふる -結び-」の感想まとめ

新が地元の福井県で、かるた部を作り動きだした。

「ここから新の活躍が沢山観れるのでは」と思っていた。

しかし、福井メンバー達の勝ちあがっていく時の戦いは省略。

最終決戦で太一との戦いになる。

結果…、あっけなく負けるとは…。

完結編なので、3人の熱い戦いが観れると勝手に思っていた。

「この映画で完結」という割には、千早や太一、新の活躍する描写が少なかったので残念でした。

最後は大会に勝った千早が、次の年の瑞沢高校のかるた部に沢山の部員を引き連れている姿が観れてよかった。

しかし一番残念なのは、千早と詩暢・太一と新の対戦。

エンドロールで千早と詩暢・太一と新の対戦になっているが、実写ではなく、筆絵に代わっていた。

凄く残念。この対戦を一番観たかったのに。

良かった点と言えば、今回登場した、賀来賢人演じる周防久志のキャラが、少しボソボソ喋る感じが米津玄師のようでかっこよかった。